« 実習の実験最終日。研究室分属。 | トップページ | 教育・就職相談会。申請書類で悩む。ドラゴンズ日本シリーズ進出! »

2010年10月21日 (木)

モチベーション高い学生さん。

 1週間経つのが早いです。講義が終わったと思うと、すぐにまた次の講義が来ます。講義準備も前日ぎりぎりになってしまいます。昨日も今日の科学英語の日本語訳をチェックをしておりました。

 そんな中でも学生さんがいろいろと勉強している姿を見るとうれしくなります。今日は、実習終了後に来週の実験発表準備をしている3回生の多くが質問をしにきました。なかなか実験をやっている時は意識していないようで、課題を出して初めて理解することが多いようです。DNAシークエンスの原理がようやく分かったという学生さんもいました。春学期のN先生の講義で分かりやすく説明されているのですが。実験をやった後に勉強するのが一番理解できるのかもしれません。
 1回生の学生さんにも熱心な子がおり、夕方その実験に付き合っていました。シダ植物に興味があるようで、大学の近くの山からシダ植物をとってきて、その前葉体を培養していたようです。今日は、その前葉体をさらに寒天培地に植え継ぐ実験をしていました。シダ植物の本も自分で購入しているようで、かなり分類も出来つつあるようです。このように自分の興味をどんどんひろげてもらえればと思います。
いずれにしてもこのようにモチベーションの高い学生さんを見ると自分も気合が入ります。
昨日、大学のFD懇談会で、ある大学の先生が来て大学活性化の成果を話されていました。学生さんが元気な大学はそれにつられて教職員も意識が高まり活気ある大学になるとのこと。まさにそうだと思います。

|

« 実習の実験最終日。研究室分属。 | トップページ | 教育・就職相談会。申請書類で悩む。ドラゴンズ日本シリーズ進出! »

コメント

松原先生へ
自分のブログにも書きましたが、今、小説を脱稿して、その『推敲』作業に入っておりまして、これがまたなかなか進まなく、ストレスの塊状態で、コメントを書かせて頂く『精神的余裕』がありませんでした。と言っても、まだまだ作業継続中なので、もうしばらくこういう状態だと思います。

最近、特に思うのですけど、やっぱり自分も元々『理系』の人間ですし、大学院にも合格していましたから、親の反対を押し切ってでも、研究者か学校の先生(理科というか物理ですけどね)になってたら良かったな~ って思います。オジサンになってしまった今、文科系の研究なら出来そうですけど、理科系の研究者はもう無理だと言う事をイヤと言うほど肌身に感じます。

理系の研究者はそれだけ『ハードルが高い』し、若い頃からやり続けないと、齢くってからは手伝いくらいは出来るかも知れませんけど、研究者にはなれないですね。
理系の研究はそれだけ『若い頃からの積み上げ』が必要って事ですけど、この国の政治家さんや東大法科出が主流の官僚さんたちは理解されていないような気がします。

一国の大学のレベル、研究者のレベルはその国家の『国力』のバロメーターだと思って居ます。
どこかの大臣か議員さん(仕分け人か?)が、

「一番でなければならないのか? 二番じゃだめなのか?」

なんて質問されてましたけど、本当に見識を疑ってしまいました。
文系出身の人には理解出来ないのかも知れないですけど、「理系の研究は一番でなければ意味が無い」ことくらい十分に理解していて欲しいです。
そして、一度『理系研究の基盤』が崩れたら、それを取り返す事の困難さも理解して欲しいですよね。

日本の研究者さんたちはとても良く頑張っておられると思います。
確かに『日本の悪しき伝統』があり、『国の無理解』があると思いますけど。

2010年の『大学世界ランキング』で、東アジア地区では一位をキープしていた東大が香港大学にぬかれましたよね。
日本でトップの東大と言えども世界では24位。まあ項目別の研究レベルは『世界大学ランキング』では出てこない面がある事も確かですけどね。
それに『ノーベル賞』もそうですけど、『世界大学ランキング』も評価・決定しているのが欧米人ですし、政治的な面もある訳で、これだけで『云々』すると言う事でもないですけどね。

日本の大学教育はもっと活性化するべきだと思います。それは『この国の将来がかかっている』と表現してもオーバーではないと思っています。日本の大学は、かつて「入りにくいが、後はエレベーター」でしたけど(今もそうですか? それだと実際は『高卒+α』程度で停止ですよね)、しっかりと学習しなければ卒業できないようにするべきだと思います。大学経営的には色々とあるとは思いますけど、学士はやはり学士としての能力が身に付いていない人に学士を名乗らせる事は間違って居ると(当然のことなのですけどね)思います。

ところで、シダ植物に興味を持たれていらっしゃる学生さんって、女子学生さんのような気が………まぁ、どうでも良いような事ですケド^^;

投稿: kouryuu | 2010年10月24日 (日) 17時53分

kouryuu さん

小説を書いてたとはすごいですね。原稿用紙で250枚ですと10万字ということになりますね。尊敬してしまいます。先日、森博嗣さんの「小説家という職業」という本には、誰でもすぐに書けるということでしたが、自分は、まず小説は書けないかと思います。
文系、理系に限らずやはり高等教育のレベルの維持は国にとって最も大切な課題だと思います。明らかに、今の日本の高等教育は、他の先進国のみならず、アジアの成長している国にも抜かれてしまいそうな感じがします。学士力の保証というのは本当に大事で、うちの大学の教務委員会でも議論になっています。
シダ植物に興味ある学生さんは、男子学生さんで、本当に熱心な学生さんです。

投稿: Mamoru Matsubara | 2010年10月24日 (日) 19時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モチベーション高い学生さん。:

« 実習の実験最終日。研究室分属。 | トップページ | 教育・就職相談会。申請書類で悩む。ドラゴンズ日本シリーズ進出! »