« 学園祭が始まる。 | トップページ | 入試シーズン。日本シリーズの中継。 »

2010年11月 1日 (月)

今年もあと2ヶ月。日本の弱腰外交。ワンピースは別格。

 今年も早いものでもう11月。あと2ヶ月もあっという間に過ぎてしまう気がします。
 今日の午前中は、学園祭の後片付けということで講義は休講でした。いつもですと2時間目に科学英語IVが入っていたのですが一休みです。

 午後からの専門実験が無くなったので、少しずつ卒論の指導のほうに時間を費やすことができます。今日も午後からは4回生と一緒に実験をしておりました。来年1月の卒論提出まで忙しくなります。

 日本の外交も完全になめられているようです。ロシアの大統領が、再三の警告にも関わらず北方領土を訪問し自国の領土であることをアピールしています。日本にとって固有の領土とはいえ、完全にロシアに実効支配されているわけで、このような状況下で返還は無理ではないかと思ってしまいます。中国との尖閣諸島の問題でもそうですが、日本の外交の弱い部分が民主党政権になって目立っています。今後どのようにロシアや中国にプレッシャーをかけていくのか、あるいは全く何もできないのか、政府の手腕が試されます。

 いつものごとく月曜日はコンビ二で週間ジャンプを。「ワンピース」を見るわけですが、今週号は2年間の修行を経て、仲間が全員集まりいよいよ新世界に出航という場面です。今後の展開にワクワクします。4日に発売される第60巻は、なんと初版340万冊を予定しているとの事。今どき本やCDでも100万の大台にのらないのに、ワンピースだけは別格です。

|

« 学園祭が始まる。 | トップページ | 入試シーズン。日本シリーズの中継。 »

コメント

松原先生 今晩は。
一年経つの早いですね。これから一年とか思うと『長い』気がしますけど、過ぎ去った一年って、昨日の事のようです。
そう思うと、時間を大切に(特に、歳を重ねる毎に、余計にそう思います)しなければな~ って自分に言い聞かせてしまします。
残りの『人生』で『何が出来るのか』『何をすべきなのか』とか考えてしまいます。今、ある意味『わたしにとっての転機』(今頃か!? なんておもっちゃいますけどね)だと認識しています。
でも、そんな事どもを真剣に考えていると、ストレスが溜まって来て、少々『憂鬱』にもなってしまいます。

『日本の外交』って、本当にあるのでしょうか? 日本は『アメリカのポチ』で、自分の事(国益)を自分(の頭)で考えて来なかったように思います(ただ、『利権』だけを追い続けてきたし、今尚追い続けている)。全部、アメリカが考えて呉れる。兎に角、『親(米国)離れしたくない』って感じでしょうか。

今、米国の覇権(パクス・アメリカーナ)が崩れつつあり、日本は今までのように『アメリカ一辺倒』『アメリカの言う事を聞いてさえいれば良い』と言う時代は過去のものになりつつあります。アメリカは『一極覇権主義』を捨てて、むしろ同盟国日本の頭越しに中国との関係を重視しつつあります。アメリカを『蔭で操ってきた英国』も、中国重視になりつつあります。
中国は元々『一極覇権』の国ではないです。ただ、『アジア地域の覇権国』になろう(ある意味、欧米からもそれを期待されている)としている。
むしろ、わたしはロシアの方が『覇権』へ偏り易いと思っています。

ただ、国際社会は、複雑に絡み合っています。アメリカの政権に深く浸透しているのがユダヤ人。ユダヤ人は『イスラエル対イスラム』の対立構造の中で、『英・イスラエル・米軍』と言うスキームの中では『一極覇権』を維持したい。
一方、ソ連を作ったのは、殆どがユダヤ人で、今もプーチン政権の重要ポストで『戦略』を練っている。ロシアは基本的には『一極覇権』を目指す国だと思いますが、彼らは今の『国際情勢』を読んで、『多極主義』を容認している。だから、どちらの側にも色々な『志向』の人間が居ます。

日本(政府)は、そういう、今、起こりつつある『国際的な変化』を捉え切っていない、(或いは見て見ぬ振りをしている)ような気がします。
日本を実効支配している『官僚』たちにとっては、永遠にアメリカ『一極覇権』が続いて欲しいのでしょう。なぜなら、何でも『アメリカの要求』という『錦旗』を掲げさえすれば、自分達の思い通りに日本を動かす事ができてきたから(そして、これからもそれを続けたい)。

今、日本に起こっている“外交問題”は、アメリカの『覇権』が崩壊、或いは縮小しているからだと思います。
それらの事を踏まえた上で、日本は『自国の国益』をいかに守るのかと言う『戦略』を建てるべき時を迎えていると思います(実際はもうとっくの昔から、『常に』持っておくべきですよね…それが『米国追従』だと居直られてしまうかも知れませんが、それじゃー日本の『国益』と言うより、米国の『国益』ですよね)。
でも、なんか今の日本のリーダーさん達の中で、そこまでの器量のある人材が居ないような………日本国民の悲劇ですね。

ところで先生、『マンガ』お好きなのですか?
わたしも結構(かなりorもの凄く?)好きですよ。日本のアニメは世界でもトップだと思います。海外でも人気が高いアニメ、多いですよね。
『マンガ』『アニメ』は日本においては国際競争力のある“商品”だと思っています。
先生は『ワンピース』がオキニなんですね。
ただ、『マンガ』『アニメ』もいいですけど、『活字離れ』は危惧しますね。『活字離れ』は『国力低下』に繋がると思っています。

投稿: Kouryuu | 2010年11月 3日 (水) 02時18分

Kouryuuさん

Kouryuuが言うように日本はこれまでアメリカに守られて、アメリカの言いなりになってきたため、日本独自の戦略性を持った外交を経験してこなかったわけですよね。それで、今回民主党政権になって完全にその未熟さが露呈してしまいました。ロシアや中国は、指導者が国内での自らの立場を増強するために弱腰外交の日本への攻撃、特に領土問題で仕掛けてきています。我々国民にとっては本当に歯がゆいですよね。こういうときに自国を守る力、軍事力というものが重要になってくるのでしょうか。一方で、日本にとっては過去の戦争により周りの国からは、強い軍事力を持つということへの警戒心があるので、そういう方向にはなかなかいけず、結局はアメリカ頼りになる。アメリカの覇権が崩壊すればするほど、中国やロシアあたりがその存在を増してくるということで、日本にとってはいよいよ苦しい時代になってくるのかと思います。中国に占領されてしまうかもしれませんね。
漫画は特定のものしか見ません。その中でも「ワンピース」は毎週欠かせません。
学生さんなんかは、やはり漫画好きの子が多いですね。漫画ばかりという学生さんもかなりいるようです。

投稿: Mamoru Matsubara | 2010年11月 3日 (水) 19時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もあと2ヶ月。日本の弱腰外交。ワンピースは別格。:

« 学園祭が始まる。 | トップページ | 入試シーズン。日本シリーズの中継。 »