« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

SAMURAI BLUE、アジアカップ優勝。

 昨日のサッカーのアジアカップ決勝は興奮しました。またもや延長戦の試合でどうなるかと思いましたが、最後は長友からのセンターリングを李が完璧なボレーシュートで決めてくれました。最近の大きな国際大会であれほどきれいに決まったシュートはなかったのでは。いずれにしても今後のSAMURAI BLUEは、世界のトップクラスでもやれるのではという期待感を持たせてくれました。これからのSAMURAI BLUEの成長が楽しみです。
 さすがに昨日は午前3時近くまで起きていたので、今日の朝は10時くらいまで寝ていました。たまにはゆったり休日もいいでしょう。午後は、実家近くに新しくできたショッピングセンターに行き買い物をしておりました。雪が少し心配だったので夜はいつもより早めに京都に戻りました。関ヶ原周辺での雪のため、新幹線は10分ほど遅れておりました。明日以降も寒くなり雪も心配です。期末試験があるので早めに起きなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

これから入試がピークに。今年は雪が多い。

 昨日、今日と大学の一般入試があり業務をこなしておりました。今週、来週あたりは全国の私立大学で入試日となっているようで、受験生は寒い中大変だと思います。これまで勉強したことを本番で発揮してもらいたいです。
 入試業務の後は、2日間とも卒論生の実験指導を。今日も遅くまで実験につきあっていました。卒論発表まで2週間切ったので学生さんも必死です。実験と発表用のスライド作りと遊ぶ時間はなさそうです。

 それにしても毎日寒いです。一昨日は、まとまった雪が降ったので車で通勤できず公共交通機関で大学に。今日も雪が降っていましたが、道は凍っていなかったのでなんとか車で行くことができました。まだ、今後も雪が降る日がありそうです。期末試験が明日から始まるので、1時間目に担当科目の試験がある来週は、雪が降らないよう祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

「松原賞」授与。学生さんの取材。

 今日で秋学期の講義が終了。科学英語も最後でした。祝日が月曜日に多かったため、先週から月曜日の講義の振り替え講義が多く、今日も火曜日なのですが月曜日の時間割に沿って行われました。先週の木曜日から4連続での英語の講義だったので、講義するほうも予習する学生さんのほうも大変だったのではと思います。今日は最終日ということもあり、テキストのキリのよい所で終了し、あとは試験対策のことを少し話しました。一番最後に、これまで講義の最初に行っている小テストで成績が良かったトップ5の学生さんを「松原賞」ということで表彰し、図書券?000円分をプレゼントしました。計20回近くの小テストをしっかりとこなした学生さんはかなりいて、その中でも毎回満点近くとってくれた学生さん5人を選びました。もちろん他の学生さんもがんばってくれたのでもう少し対象を拡げても良かったのですが、賞の価値を高めるために5人にしてしまいました。5人の学生さんを発表し図書券を渡すときは、他の学生さんから自然と拍手が出たのでとてもいい雰囲気でした。すがすがしい気持ちになりました。
 午後は、来年度の入試パンフレットに私のフレッシュマンゼミの学生さんが取り上げられるということで、その取材に立ち会っていました。我々の学科の雰囲気を受験生の方に分かってもらうために、またその学生さんの良いところが伝わるにはどのような写真が良いのかなど、取材する記者さんと相談しておりました。結構面白い体験でした。学生さんのほうもいろんな話をしなければならなかったので大変だったかとは思いますが、非常に良い経験にもなったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

期末試験の質問。新卒使用にTOEIC730点。国際教養大学の本。

 期末試験も近くなり、関連教科の質問に来る学生さんも多くなりました。今日は、英語や細胞生物学の教科について6人の学生さんの質問に対して答えていました。明日以降も多くなるでしょう。その合間には、卒論生の実験の指導もあり1日経つのが早かったです。

 武田薬品が2013年入社の新卒採用から、応募条件にTOEICで730点以上の基準を設けるというニュースが先週末ありました。一般的に企業で730点以上は海外派遣の対象となる点数なので、いきなりそのような即戦力となる人材を求めるということでしょう。特に理系の学生さんでもそのような条件が必要となるのですから、専門以外にも当然英語のスキルも磨かなくてはならなくなるでしょう。こういう流れは、更に今後加速されるでしょう。更に言えば、今後は大学卒業要件にも、もしかしたらTOEIC---点以上という条件が必要となるかもしれません。もちろんただ単にTOEICの点数だけではなく、どんな状況でも適切なコミュニケーションができる能力も必要となってきます。

 週末に、「なぜ、国際教養大学で人材は育つのか」という本を読みましたが、まさにそこには最近よくマスコミで取り上げられる国際教養大学(秋田県にある公立大学)の人材育成の詳細が学長である中嶋嶺雄先生によって書かれていました。授業は全て英語で行う。1年間の海外留学を義務化。留学生と一緒の寮生活。進級、卒業の厳格化により半分は4年間では卒業できないなど、とにかく厳しく教育され、それによって学生さんはグローバル化時代に生き抜ける人材となっているようです。そういう学生さんはやはり企業も欲しがるわけですし、実際に6年という実績にも関わらず毎年就職率は100%のようです。私自身も今高校生だったらこういう大学に行きたいと思うでしょうし、娘もがんばってこういう大学に入れたいと思います。大学に勤める人間としても、こういう大学で教鞭を執れるような教員にならなければ大学人としては意味がないようにも思えてきました。やはり大学というのはアカデミックという言葉だけに甘んじては駄目で、社会に役立つ人材を育てるという使命は持たなければならないと思いますし、そういう大学しか今後は残れないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

暗証番号式の鍵。映画館に。

 土曜日は、マンションの鍵を暗証番号式に変えるということで、朝一番に取り替工事がありました。鍵をなくしたりするケースが多いようで、大家さんにとってもこの暗証番号式のほうが入居者にとってメリットがあるということのようです。ただ、2週間前にいきなり連絡があり、すぐに工事ということで、住人の中にはすぐにOKと言わなかったところもあるのではと少し心配しておりました。
 今日は、2週間ぶりに名古屋に戻ったので、家族サービスということで映画に。うちの家族が好きな「相棒」を見ました。ドキドキハラハラで、見ごたえがありました。
名古屋地区の映画館は郊外にシネコンが乱立しているので以前よりはお客さんも分散しているのか空いています。見る側としては歓迎すべきことですが、あまりにも入っていないと潰れてしまわないか心配にもなってしまいます。映画館側もお客さんを集める戦略がますます重要となるのでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

インフルエンザがじわじわと。

 今週に入り学生さんのインフルエンザ感染による欠席が多くなっています。感染するとほぼ1週間は自宅待機になります。期末試験が近いので、この時期学生さんにとっても体調管理が必要になってきます。学生さん以外にも、昨日から同じ学科のY先生がインフルエンザにかかり5日間の自宅待機状態になっています。我々教員は常に学生さんと接しているので、インフルエンザ感染のリスクも高いです。そういう意味では学生さん以上に体調維持をしなければ。でもこればかりは気をつけていてもなってしまう場合もあります。
これまでほとんどインフルエンザにかかったことがないのですが、そうだからといって安心せず、しっかりと健康管理していかねばなりません。大事な仕事がたくさんあるので休むといろんなところに迷惑をかけてしまうことになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

雪の日は大変。就職内定率68.8%と相変わらず厳しい。

 寒い日が続きます。昨日は雪が積もり、さすがに車での通勤は諦め、電車とバスで大学に。ノーマルタイヤでは完全に凍結した道路は無理です。スタッドレスタイヤを買うつもりもないので雪の日は早く起きて公共機関で行くことにしています。まだ雪の日はありそうですし、特に来週からは期末試験期間になるので学生さんのほうも雪が降った日に遅れずに行くのが大変でしょう。

 4回生は、卒論の提出も終わりましたが、これからは卒論発表に向けて更なる実験データーをとるためにもうひと踏ん張りしてもらわなければなりません。そういう意識もあるのか今日は朝から夜まで何人かの学生さんがひたむきにがんばっていました。発表まであと3週間最後まで、ベストを尽くしてもらいたいです。

 12月1日時点での大学生の就職内定率が、過去最低だった昨年をさらに下回り、68.8%になっているとの発表がありました。1996年に調査を始めてから初めて7割を切ったようで、本当に厳しいです。うちの研究室でも数人ほど決まっていない学生さんがいます。ただ、決まっていない学生さんは自分たちなりに今後の方向性を考えているようなので、こちらとしては彼等の意見を尊重していい方向に進んでもらえればと思っております。ただ、やはり学部全体を見ると何十社もの企業を受けても内定をもらえない学生さんがいるようなので、そのあたりどのようにしてそういう学生さんに就職してもらうか頭の痛いところです。誰でもがうまくいく処方箋なんかがあればいいのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

センター試験初日。夜には既に解答が。

 天気が心配されましたが、雪も降らず今日のセンター試験はなんとか無事に終えることができました。ただ、明日が少し心配ですが。個人的には、今年がはじめてのセンター試験監督ということで、少し緊張しましたが、なんとか問題なくできて安堵しております。
午前中の公民、地歴、午後の国語までの担当で、英語のリスニング業務が無かったので比較的スムースにいきました。英語のリスニングを担当する先生方は非常に気を遣うので大変かと思います。受験生の皆さんも全て受ける人は、朝の9時半から夕方6時半ぐらいまで続くので相当な集中力と体力が必要です。
 センター試験も我々が共通一次試験を受けた時と比べると、科目のとり方などがかなり変わっている様です。世界史、日本史、地理などではA,Bというものがありますし、明日の理科はとり方によっては(特にレベル高い理系学部を受ける場合)最高3教科受ける人もいるようです。今ではほとんどの私立大学がセンター試験を利用していますし。入試のやり方が時代とともに変わっていくのは仕方がないのでしょう。

 夜、家でネットを見ていたら既に各予備校から今日の科目の問題とその分析、解答も出ていました。さすがにこのあたりは予備校さんはスピーディーですよね。早速、自分も英語を解いて答え合わせしていました。発音やアクセント、文法で少し取りこぼしがありましたが、他はほとんど問題なく解けました。やはり早く正確に読むというテクニックは重要なのではと思います。うちの学生さんも自分の勉強のためにもやってみてもいいかもしれません。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

卒論提出日。明日はセンター試験監督。

  今日は卒論提出の〆切日というとで、学部の4回生の皆さんはこの1週間は大変だったのではないでしょうか。うちの研究室もおかげさまで19人全員が提出できました。実際には、提出された卒論は最終ではないので手直ししてもらうことになります。更に2月前半にある卒論発表会のために実験データーを蓄積してもらうことになりますので、卒論生はまだ気が抜けません。こちらももうひとがんばりして指導していくことになります。

 明日から2日間センター試験があります。今年は初めて試験監督をすることになりました。明日の前半の担当ということで少し緊張しております。雪が降りそうだという天気予報なので早めに大学に行かなければ。目標に向かってがんばっている受験生のためにもしっかりと業務をこなさなくてはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

久しぶりの講義。就職協定。

 昨日、今日と今年に入って初講義があり少し疲れました。昨日は、細胞生物学とフレッシュマンセミナー。今日は科学英語でした。細胞生物学では、細胞生物学研究で扱う実験手法について話しました。特に後半では最新の研究手法について紹介しましたが、少し難しかったかもしれません。ただ、興味ある学生さんもかなりいたようで、講義後のコメントではやってみたいと書いてくれた人も多くいました。
 フレッシュマンセミナーでは、春学期からの総決算として、自分の興味ある内容についての発表会を行いました。緊張しながら発表していた学生さんもいましたが、初めてにしてはそれなりに皆さんがんばってやってくれました。来週も残りの学生さんがいい発表をしてくれるでしょう。

 日本経団連が会員企業に対して大学生の会社説明会の開始時期を今よりも約2か月遅らせ、大学3年生の12月1日以降にするよう求めることを正式決定したというニュースが昨日ありました。当初は、もっと遅らせるのではと思っておりましたが、たった2ヶ月ですし、面接や筆記試験など採用に直結する選考活動の開始時期は、現行と同じ4年生の4月1日以降ということで、実質ほとんど変化がないようです。この2ヶ月遅くしたことを評価している人らもいるようですが、やはり個人的にはもっと遅くしてもいいのではと思います。大学で4年間勉強した学生さんの実績も考慮にできないのかなとも思うのですが。ただ、いつの時代でもこの就職協定というのはほとんど意味をなさないので、決めてもあまり意味はなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

成人の日。合格者懇談会。

 成人の日ということで、特に2回生の学生さんは地元に戻って成人式に出席している人も多いようです。久しぶりに旧友らと会い刺激を受けてくるのでしょうね。
全国的には新成人(1990年生まれ)は124万人で過去最低の人数のようです。一番多い時の半分ぐらいということなので、これだけ少子化になると国としても今後いろんな面で大変になります。

 今日は大学で第2回合格者懇談会があり、主に第1回合格者懇談会以降の入学試験で合格した生徒さんやそのご両親らが集まり懇談しておりました。今回は、2人の企業の人にお話もしてもらいました。1人はミツバチを主体とした健康産業に従事している方で、もう1人は環境アセスメントを中心に事業を進めている環境コンサルタントの方でした。両者とも分かりやすく仕事の話をしていただいたので生徒さんらもこういう分野の職業というものをイメージしやすかったのではと思います。更に2人とも大学入学からこれまでの自分の略歴も具体的にお話になられたので、1つのロールモデルとして生徒さんも意識しやすかったのではと思います。年齢的には2人とも私と非常に近く、会社の中でも中心的な立場でご活躍されているということで、私自身にとっても刺激になりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

年賀状が傑作。卒論提出まで1週間。

 今日から大学も始まり学生さんも朝からがんばって来ているようです。
わざわざ研究室のほうに田舎のお土産を渡しに来てくれる学生さんもおりうれしい限りです。中には、自筆の年賀状を直接渡してくれた学生さんもおりました。そこに書いてあった絵が傑作でした。ウサギのように前向きにぴょんぴょん飛んでいけるような充実した1年にしたいものです。
Nenga1

 卒論生もちょうど卒論提出まで1週間になり、冬休み中に卒論を仕上げた人は今日私に出して直してもらうことになっています。この1週間は忙しくなりそうです。

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

今年は吉です。朝刊2紙の1面から。

 昨日、熱田神宮に初詣に行きいろいろとお願いごとをしてきました。正月が日ではなかったので人の行列もなくすぐにお参りできました。恒例のおみくじは「吉」ということでまずまずです。娘は「中吉」、嫁さんはなんと「大吉」でした。おみくじはあの紙1枚で200円するわけで、縁起物でなかったら高いなと感じるかもしれませんね。この値段はどこの神社でも同じなのでしょうか。

 今日は、朝10時ごろ名古屋を出てお昼に京都到着。その後大学に行き、初仕事をしておりました。溜まったメールの処理や学生さんの卒論チェックなど夜までがんばっておりました。夕方、名古屋に住む高校の同級生から飲みに行かないかと電話が来ましたが、既に京都にいたということで残念でした。またの機会を楽しみにしています。

 京都に帰る際、日頃読まない朝日新聞と読売新聞を買い新幹線で読んでいました。朝日新聞の1面には「就職難あえて選ぶ力」という記事で、人気企業に選ばれるような就職ではなく、自分が働きたい会社を「選ぶ力」を育むかが大切であるという内容でした。これは自分自身も学生さんに日頃から言っている内容だったので妙に納得しました。星の数ある会社から自分にマッチした企業をいかに選ぶか。そのためには、様々な会社を自分で調べ、場合によってはその会社に行って自分で見て、そこで働いている人と話さなくてはならないと思います。そこまでの積極性が学生さんにあれば企業側も丁寧に対応してくれるでしょう。

 読売新聞の1面には、「NOVA運営会社私大買収へ」という記事で、NOVAを運営する株式会社ジー・エデュケーションが東海地方の私立大学の経営に参画する方向で最終調整に入ったとのことです。外国語教育を武器に就職に強い大学をめざすようですが、外国語の力だけあっても就職に有利になるとは限らないのではと感じるのですが。そのあたりこの会社が大学経営することで何をめざすのか(ミッション)を知りたいものです。以前株式会社LEC大学というのもありましたが結局はうまくいかなかったようですし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

温泉でゆっくり

 いつものお正月は家でゆっくりするのですが、今年は初めて出かけました。元旦の昼から電車で下呂温泉に行き、昨日の夕方帰ってきました。天気予報では大雪が予想されていましたが、天気も良く雪もそんなに降りませんでした。温泉にゆったりとつかりおいしいものを食べリフレッシュ。3回も温泉に入ると肌がすべすべになるし少し体調も良くなった感じがします。
 下呂温泉はさすがに東海地方でも屈指の温泉地ということでどこのホテルも満員だったようです。電車(ひだワイドビュー)はどの時間も満席で、自由席は立っている人もちらほら。お正月の移動は大変のようです。

 今日は、自分の両親を家に呼び近くの蟹料理屋さんで食事を。母親もだいぶ調子が良くなってきたようなので快気祝いを兼ねました。
あっという間のお正月三が日でした。あと2日休んで京都に戻ろうかと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »