« 恵方巻き。コンビニで遭遇。試験の出来が悪い! | トップページ | 2年目の卒業研究発表会 »

2011年2月 6日 (日)

卒業発表研究の練習。トリプル選挙。

 木曜日、金曜日は9日に行われる卒業研究発表会の練習をしました。練習といっても、まだスライドが完全に出来ていない学生さんもいたり、スライド自体が分かりにくいものもあったので、いろいろと助言をしておりました。この週末はそれぞれ言われたところは直しているのでしょう。明日、明後日と最終練習を行うので、本番に向けていい発表ができるようがんばってもらいたいです。

 今日は名古屋市長選、名古屋市議会の解散決議選挙、愛知県知事選とトリプル選挙でした。結果は開票と同時にすぐに出たようで、減税や議員の給料などの削減、名古屋市と愛知県を一体化させる中京都構想などでタッグを組む河村さん、大村さんが当選したようです。名古屋市議会のほうも解散になるようで来月に市議会選挙が行われることになります。いずれにしても地方の議員さんも含めて、国会議員も定員を削減し給与も減らすことからはじめなくてはならないでしょう。特に国会議員は自分たちからそういう議論にしようとしていないので、これを機に日本がそういう方向にいくことを期待しています。
河村さんは確かに強引なところもありますが、自ら給料を3分の1にして(年収800万円)いるわけですので、そういう部分は認めてあげたいし、今回あらためて当選したわけですので、彼の政策に協力できるような議会の体制作りも必要でしょう。これ以上名古屋市長と市議会のもめごとはなくしてもらいたいです。

|

« 恵方巻き。コンビニで遭遇。試験の出来が悪い! | トップページ | 2年目の卒業研究発表会 »

コメント

松原先生、御無沙汰しております。
ようやく、ちょっと『経済学』のお勉強が一段落しました。毎日『経済学』漬けだったので、何を観ても、何を読んでも

「これを経済学的に考えると…」

なんて感じで、かなり『偏った』状態(当然、嫁から敬遠されていました)になっておりました^^;
『場合によれば』、さらにそういう『生活』を送る事になるかも知れませんが…。

政府や議会(そして役所も)ですが、その『定数』を経済学的に考えると(この癖は抜けないのかも知れません)、そこには『効率化』の概念が無いですね。

経済の成長には『投入』によるものと『効率化』によるものがあって、『投入』(要は投資ですね。今の譬えで言えば『定数(人数)とそれに要するお金』でしょうか)による『成長』は短期的には「効果」がありますが、年々『逓減』して行きます。一方『効率化』による成長は「持続可能な成長」をもたらします。

『政治』に丸々『経済』の理屈を当て嵌めるのは適当ではないのかも知れませんが、

「彼らには、『効率化』と言う考えが欠如している」(と言うか、むしろ『投入』重視で、『非効率』化を目指している?)

ような気がしてなりません。
端的に言えば、

「無駄遣いが大好き!!」

これでは、国民はたまったものではないですよね。

ところで(御存じでしょうけど)この間『twitter』始めました。
なんか、今のところ「さっぱり解らない」です。「フォロー」して頂き、ありがとうございます。

投稿: Kouryuu | 2011年2月 9日 (水) 00時33分

Kouryuuさん

経済学の勉強をしてすぐに理解できるというのはすごいなーと思います。私は、経済学の教科書というよりも、巷の専門家と称されている人らの新書などを呼んで納得したり、納得しなかったりという感じです。 Kouryuuさんのブログなどを見て知識のおこぼれでももらおうかと思っております。
Twitterのほうは私も最近はあまりつぶやいてはいませんが、適当に情報だけ吸い上げているという感じです。ついついいろいろと手を出したくなる性分でもあり最近ではFacebookもさわっています。

投稿: Mamoru Matsubara | 2011年2月 9日 (水) 19時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業発表研究の練習。トリプル選挙。:

« 恵方巻き。コンビニで遭遇。試験の出来が悪い! | トップページ | 2年目の卒業研究発表会 »