« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月30日 (水)

安全な野菜も買わない? 質量分析装置も影響が。

 朝、NHKを見ていたら風評被害で群馬や栃木などの安全が確認されている野菜についても市場価格が安くなっているし、スーパーでも風評被害で売れないようです。実際にスーパーでお客さんにインタビューをしていましたが、なんとなく危なそうで買えないという返事でした。でもその野菜は放射性物質にの影響もないし安全な野菜のはずなのに。お店の人も売れ残って捨てるぐらいなら、被災地に送りたいと言っておりました。ほんとそう思います。人間の心理というものは難しいです。放射性物質が検出されたホウレン草などの野菜ということで、全てのホウレン草が危険だという頭になってしまうのでしょうか。科学的な根拠に基づいた冷静な対応が出来ないのでしょうか。

 午前中、午後と質量分析装置のメーカーさんの営業の方がそれぞれ来訪されました。ユーザーセミナーの資料と新製品のカタログを持ってきてくれいろいろと最近のトレンドを説明してくれたので助かりました。大きな研究費がないので購入予定はありませんが今後の参考になります。話の中で、今回の震災で東日本で質量分析装置を持っているラボは大変なようです。質量分析装置は真空を維持するのが重要なので、今回のような計画停電があるとなんともならないようです。いちいち停電に対応して装置の電源を落としていたら仕事にならないし、装置の寿命にとっても良くないです。今回の計画停電のためにある会社への新しい装置の導入も目処が立たないようです。当分、こういう状況が続くのでしょう。特に製薬企業では薬物動態研究などの分析で質量分析装置は必須なのでかなり困っているのでは。西日本の関連受託会社などが忙しくなるのかもしれません。
 JR西日本の電車もなせか修理用部品の調達ができないということで、4月から間引き運転が始まるようなので様々なところで影響が出ているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

3月ももう終わり。リスクのとらえ方。

3月ももうわずかです。あと3日もすれば新1回生とご対面ということで1年のサイクルが本当に早いです。
自分としても少し春休みがとれると思ったのですが今回は全くとれず、どこか旅行にでも行って一息するというわけにもいきません。GWまで待つことにしましょう。

原発のほうは毎日状況が変わり、その度に現状をどう判断していくか難しいところがあります。マスコミのほうは、危険か危険ではないかという0か1の話にしたがるので、それに国民が反応してしまうといろんな問題が起こるでしょう。今回の原発の問題では、毎日テレビで専門家の人などが科学的な説明をするので、国民も以前よりは科学的に物事を考えることができるようになったのではと期待しています。いわゆる科学リテラシーが高まることを期待します。しかし、少しでも不安があると一方的にダメだという判断をしてしまう傾向もあります。リスクというものは0か1ではなく、その間のもう少し幅広い範囲で考えなければならないものなのですが。我々の周辺では必ずといっていいほどリスクはあるのです。自動車に乗って事故を起こすリスク、タバコを吸っている人のリスク、農薬を使っている野菜や食品添加物を使用している食品を食べるリスクなどもそうです。今回の放射性物質だけが我々に対してリスクを及ぼすものではないはずです。放射性物質は確かに怖いものですが、発表される測定値をもとにそれがどういうリスクを及ぼすものなのかをしっかりと考え行動することが大切だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

Ti先生を囲む会。金八先生終了。

 今日は、F大学でお世話になったTi先生を囲む会があり参加しました。来月から名古屋を離れ札幌に移られるとのこと、また昨年80歳をお迎えになったということもあり、関係のある先生方や卒業生など約40名が集まりました。さすがTi先生の交友関係は幅広く、かなり著名な大御所の先生方も来られ恐縮しましたが、それぞれの先生のTi先生に対する思い出話などは非常に面白く和気藹々とした雰囲気で非常に良い会でした。
会では、F大学で在籍していた時にお世話になった先生方や、その間に指導した学生さんにも久しぶりに会うことができてとてもうれしかったです。それぞれの分野で皆さんがんばっているようで、こちらも負けずにがんばらねばと励みになりました。

 夜は、名古屋から京都に戻りTVをつけたら3年B組金八先生スペシャルがやっていました。今日が定年で最後のスペシャルのようです。ちょうど金八先生が始まった頃が自分も中学生でしたし、3年の時はまさに3年B組でした。そのため最初の頃は真剣に見ていた記憶があります。途中のシリーズはそんなには見ませんでしたが、今日久しぶりに見ると少しうるっときました。このシーリーズは社会的にもかなり影響を与えただけに完全に終了するのは寂しい気持ちもしますが、これも時の流れなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

新学期オリエンテーション期間

 新学期のオリエンテーション期間に入りました。昨日は新4回生を研究室に集め、研究室のルールや研究テーマに関して1時間くらい話しました。いよいよ彼らの卒業研究が始まります。本年度は15人ということで教授の先生と2人で指導するにはちょうどいいくらいの人数です。こちらもこれで3回目の卒論指導ということになるので、これまでの反省点をもとにしっかりと指導していこうかと思っております。

 今日は新3回生に対してキャリアアップ指導がありました。成績のチェックや進路の確認ということで1人15分程度、計8人と面談しました。順調に単位を取っている学生さん、今ひとつ伸び悩んでいる人など、それぞれの状況に応じて的確に指導しなければなりません。特に進路に関してはこの1年の取り組み方で変わってくるのでしっかりと意識づけをしておきました。28日は新2回生の指導があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

夢ナビのインタビュー

  今度は水道水から乳児の基準値を超える放射性ヨウ素が検出された問題で、スーパーからミネラルウォーターが無くなっているとのこと。野菜についでここまで原発の放射線物質の問題が出てくると、更に混乱が生じてくるようで心配です。これまでは安全といわれていた原発から放射線物質が出ているのは事実なので、この原発がとにかく適切に処理されない限り永久に世間の不安は消えません。

 午後からは、「夢ナビ」という高校生に向けて我々大学教員の研究を分かりやすく伝えるというプロジェクトの取材を受けました。1時間くらい担当の方にこちらの研究を分かりやすく説明しました。事前にビジュアルなレジュメを作っておいたのが良かったのか、比較的専門の内容も理解してくれたようです。2週間くらいで原稿ができるとのことなので、その内容を見るのが楽しみです。最終的にはWebのほうに紹介され、7月に行われる「夢ナビライブ2011」で講義をすることになります。「高校生のハートを熱くすれば日本が変わる!」がスローガンのようです。
終了後にこの企画のキャラクターである夢ナビ教授の携帯ストラップをもらいました。早速自分の携帯につけました。この企画に参加した大学の先生の何人かは携帯につけるかもしれませんね。もしや学会でそのような先生を見るかもしれません。
このキャラクターの意味するところは、高校生の持つ好奇心や情熱の種を大学教員による夢ナビ講義によって芽を出させるわけで、夢ナビ教授が持つ青いジョウロは学問のエッセンスという水が入っているというわけです。発芽すると、様々な学問領域という木に育つわけで、将来高校生が目指すべき学部、大学、職業などが見えてくるというわけです。うまく企画しますよね。
1_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

喉の痛み。風評被害と買占め

 週末寝冷えをしたのか今日は一日喉が痛かったです。明後日からは学生さんとの面談などがあるので体調を整えなければ。車の一年点検があったので、車を取りに行くために早めに帰ったので、少しゆっくりできました。
 
 原発近くで生産されたほうれん草などの野菜が放射線物質に汚染されていたということで、茨城県など4県で出荷が停止になりました。その影響もあり、関係しない県のほうれん草までもが風評被害で売れていないようです。この風評被害というものがどうしてもこういう状況下で起こってしまいます。冷静に考えれば問題ないというのが分かるのですが、どうしても科学的というよりは先入観で行動してしまいます。このような行動をすることによってほうれん草農家の首を絞めてしまうということを考えなければなりません。それこそ農家にとっては死活問題になってしまいます。
一方で、乾電池やお米、水、トイレットペーパー、缶詰などは買いあさってしまい、どのお店にもほとんど無いです。実際に昨日、名古屋のスーパーではびっくりするほど無かったです。国民一人一人がもっと冷静になったほうがいいのかと思うのですが、あのような地震が起きた後ではそんなに冷静にはいられないというのが人間の心理なのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

2期生の卒業式。

 今日は卒業式ということで、我々の学部としては2期生が社会に巣立って行きました。彼らの門出を祝うかの如く天気も良く、式自体ももいいものでした。学部では、同窓会総会も行い、その後は懇親会ということで在校生が炊き込みご飯や、おでん、たこ焼きなどを用意し、卒業生や今日来てくれた1期生の方にふるまっていました。非常にいい雰囲気でした。
 夜の卒業記念パーティーのほうにはあまり学部の学生さんが出ないということでしたので私も出席しませんでした。それぞれ気の合った仲間同士での記念パーティーを計画していたようです。私のほうは1期生でフレッシュマンセミナーで面倒を見た学生さんが3人来ていたので一緒に会食しました。皆さん社会人や大学院生としてそれぞれの目標に向けてがんばっていたのでうれしかったです。

 今年で2回目の卒業式ということでしたが、本当にこの1年あっという間でした。今日研究室を卒業した学生さん19名はそれぞれペースは違いましたが、自分なりにベストを尽くしてくれたと思います。こちらとしてはなかなか十分に面倒を見れたといは言えないのですが、そんな状況でも一応全員が卒論をしっかりと書いてくれたし、発表も立派にしてくれました。彼らにとってこの1年で得たものは必ずや今後役に立つと思います。是非、この学部で学んだことを誇りに思って更に研鑽を積んで大きく伸びてもらいたいです。
 また来年の卒業式にOBとして大きくなった姿を見せてくれるでしょう。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

退職する方の思い。原発の行方。セリーグは本当に開幕するのか?

 昨日は、学部の懇親会・送別会がありました。このような状況での開催はどうかという意見もあったようですが、我々としては退職する教職員の方々の労をねぎらいたいということもあり派手にならないよう、かつ義援金も集めるということで行わせていただきました。
 今回は4人の先生方および2人の実験事務室のスタッフの方が退職されるということで、個人的にはいずれの方々にも非常にお世話になりました。それぞれの方のお別れの言葉には、それぞれの思いがあり私にも十分に伝わりました。その思いを引き継ぐべく、残った者は学部の発展に向けてしっかりと仕事をしなければなりません。

 原発もスリーマイル島の原発と同じレベルであるレベル5の状況になったとの事。廃炉にするかもしれないという意見も東電から出ているとか。海水を入れた段階で再利用するのは難しいということですので仕方がないでしょう。放射能を浴びながらもなんとかしようと思ってやっている関係者の方々の努力には頭が下がりますが、住民のことを思うと更に胸が痛みます。

 プロ野球のセリーグが3月25日に開幕する方向でいるとか。G軍のWT会長が指示しているようですが、普通に考えて、東京でナイターで行うのはひんしゅくなのでは。とにかく選手会にはがんばってもらって阻止して欲しいです。選手自身がやりたくないと言っているのですから、誰かさんが言うような戦争の後で選手がやりたいと言って開催できた状況とはまるっきり反対なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

学会中止相次ぐ。

 夕方になって雪が降ってきました。明日の朝積もらないか心配です。東北地方も積雪が多くなりそうで避難されている被災者のかたは本当に大変かと思います。

 3月末は学術学会が多いのですが、既に農芸化学会、薬理学会、化学会が中止になり、薬学会もその方向で検討しているとのことです。さすがに今回の状況では、東日本の研究者のかたは学会どころではないでしょう。仕方がないと思います。特に関東のほうでは計画停電ということで、大切な実験サンプルの管理も大変なようです。停電時のサンプル保存のためのドライアイスも不足しているとのことです。なんとかがんばっていただきたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

教師冥利に尽きる。卒論生との最後の懇親会。

 今日は午前中は本年度最後の入試業務。大地震のあとなのでどうなるかと思いましたが、計画停電の行われている東京会場でも問題なく行われたということで一安心です。
入試日が延期されたり、出来なくなったりしている大学もあるとのことなので4月の入学までは各大学の入試業務は大変でしょう。

 午後からは、フレッシュマンゼミの学生さんで今年卒業する学生さんがお母さんと挨拶に来てくれました。自分としては当たり前のようにその学生さんには指導してきたのですが、それ以上に感謝されていたようで教師冥利に尽きます。こちらもその学生さんや周りの友人らから多くのことを学ばせてもらいました。今回このようにわざわざ親御さんとともに挨拶に来てもらって本当にうれしく思います。その学生さんは4月から別の大学の大学院に行くことが決まっているので、そこでもこれまで以上に努力して自分の目標に向けてがんばってもらいたいです。彼女なら大丈夫でしょう。

 夜は、研究室の最後の懇親会がありました。こういう大きな災害の時期だったので控えたほうがいいという議論もありましたが、研究室での1年間の総決算の会ということもあり厳かにさせてもらいました。皆さんとこの1年間を振り返っておりました。19日が卒業式で別れの日になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

長期化する避難生活。名古屋市議会選挙。出口調査

  地震被災地のほうは食料不足など大変ですし、今後長くなるであろう避難生活のことを考えると被災者の健康のことも心配です。原発も時間が経つにつれ問題もたくさん出ており本当に不安です。東日本の計画停電の影響で、今日は各主要駅が大混乱しているようです。当分東京の出張は避けたほうがいいと思いました。

 昨日は、名古屋では市議会のリコールの結果行われた市議会選挙がありました。大地震が起こる前は、今回の統一地方選挙の中でも注目を浴びた選挙でしたが、この2,3日の地震報道によって関心か薄れてしまいました。実際に土曜日は通常ならば選挙カーでの最後のお願いでうるさいのですが自粛されていました。選挙結果は、河村さん率いる減税日本が第一党になり民主党は議席をかなりなくしました。減税日本は過半数には及ばなかったので今後の議会運営にも不安が残りますが、地方政治における改革の一歩になったのは事実です。
選挙を終えて会場を出るとNHKの出口調査の人がいて声をかけられました。初めて出口調査に協力してしまいました。誰に入れたのかを聞くのはもちろんのこと世論調査にも使うであろう内容についても聞いてきましたので、今週末ぐらいにはそのデーターが発表されるのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

津波の映像で絶句。皆で支援を。原発も不安。

 今回の大地震は、特に大規模な津波によって多くの街が流されてしまいました。テレビで被災者が命からがらに撮影した映像が流れていましたが、その光景を見て声も出ませんでした。その場にいた被災者のお気持ちを考えると声も出ません。津波の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。
 犠牲者の数が今後どの程度ひろがるか分かりませんが、とにかくできるだけの支援をしていかなければなりません。我々も何ができるのか個人個人で考えていかねばならないです。とりあえず今日はネットを通して義援金を出しました。
明日からは、東京電力の地域は計画停電をするようで、それぞれ不便になることはあるでしょうが、被災者のことを思えばある程度皆さんで理解して受け入れていくしかないでしょう。
原子力発電所の炉心溶融の問題もあり、予断を許しませんが、とにかく全力を挙げてこれ以上のトラブルにならないようにがんばってもらいたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

大地震。皆さん無事でありますように。

 午後2時45分頃、研究室でお客さんと話をしていたら建物が大きく揺れた。2分ぐらい続いたので、これはどこかでかなり大きな地震があったのではと思ったが、東北、北関東でM8.8ということで大変な被害になっています。そちらのほうに住む友人に連絡するも携帯はつながらないし、メールを出しても反応がないので停電にでもなっているのだと思います。東北大学には知り合いの研究者もかなりいます。どういう状況になっているか心配です。停電になれば大切な研究サンプルの保存も難しくなります。なんとか電気でも早く復旧してもらいたいと思います。
 災害のあった地域では帰宅も出来ない方が大勢いるようなので、とにかく皆さんがんばって乗り切ってもらいたいです。とにかく一人一人の安全をお祈りするしかありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

出張授業へ。クラッシクギター復活。

 また寒くなり体調管理に気を遣います。そんな中、今日は兵庫県のある高校で出張授業がありました。理学系学部の分野紹介ということなので、この分野ではどのような勉強するのか、どんな資格がとれるのか、就職先はどうなのかといったところから、最後は自分のバイオ領域の最新トピックスなどを話しました。50分授業を2回行ったので疲れましたが、生徒さんの反応も良かったので安心しました。1年生ですが既に進路の方向性を決めている意識の高い生徒さんもいました。こちらとしては今日の話を聞いて理学系の分野で将来がんばってくれる生徒さんが出てくれればうれしいです。場合によってはうちの学部にでも来てくれれば最高なのですが。

 最近、クラシックギターの練習を再開しました。昔、高校までやっていたのでかなりの曲を引き込んだのですが、そのあとは2、3年に1回弾くぐらいでした。なのでほとんどの曲を忘れていました。ただ、毎日少しずつでも弾いていると手が弦の押さえる位置を覚えており、思ったよりも早く弾けるようになります。また、昔はチェックできませんでしたが、今はYoutubeなどでギターを弾いている姿をアップしている人が多く、そういう方々の弾いている姿も参考にしながら曲のイメージが湧いてきます。かなりうまくなったら自分もアップできればいいのですが。いずれにせよ、趣味の復活ということで気分転換にもなりそうです。いい音のでる新しいギターも欲しくなってしまい、どうしようかかなり迷っています。趣味は凝りだすと限がなくなります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

春休みモード。いろいろ考え中。

 大学内は完全に春休みモードで学生さんも少なく閑散としております。ただ、図書館に行くと休みにも関わらず勉強している学生さんもおり思わず「がんばっているね」と声をかけてしまいます。
 4回生で就職が決まっていなかった学生さんも最後の踏ん張りの結果、3月に入って内定が出た人もおりうれしい限りです。やはり最後まで諦めてはいけません。近々最後の大学院試験を受ける学生さんもおりなんとか粘り勝ちしてもらいたいです。

 今週は来年度の卒論のテーマを考えたり、研究費の申請を書こうかとどうしようかと悩んでいたり、4月からの看護学校での講義の準備をしはじめていました。早めに対応しなければあとで苦しくなるります。この1,2週間で形にしなければなりません。

 明日は兵庫県の高校で出張授業が。先月、インフルエンザで大阪の高校がキャンセルになったのでその分もがんばって話さなければ。2回分授業があるので体力勝負ですがなんとか乗り切ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

入試投稿事件。前原外相辞任。

 入試投稿事件は、予備校生が京大になんとか受かりたかったという理由で行い、最後は逮捕されてしまいました。京大にも批判の電話が来ているようですが、結局は、この予備校生が自分の力を頼れなかったということで非常に残念です。なぜ1年間がんばった自分を信じることができなかったのか。私自身も浪人して入試には本当に苦しんだだけに気持ちは分かるのですが、自分でやりたいことを達成するためにはやはり最後は自分の力で考えて結果を出さなければならないでしょう。なんとか再復帰してもらって、今度こそは自分の力で合格をつかんで欲しいです。彼が今回のことを反省した後は、社会は彼の将来を踏みにじるようなことはしないでもらいたいです。

 今日の夜名古屋から帰ってテレビを見たら、前原外相が辞任ということでした。外国人から政治献金をもらったということで、昔の偽メール事件で代表を辞任した時と同様、いいところまで来たと思ったらどうも脇が甘いようで、なかなか上に行くことができないようです。そういう星のもとなのか。いずれにせよ、首相や外相がころころ代わるようでは日本はますます諸外国から相手にされなくなってしまいます。外交が最も大切な時なだけに、今回の辞任が及ぼす影響が大きくなければいいのですが。

 名古屋市では来週末、出直しの市議会選挙があり、この週末は選挙カーだらけでした。まだどういう人が立候補しているのか分かりませんが、せっかく市民がリコールで市議会を解散させたのですから投票するほうもしっかりと考えなければなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

2D電気泳動。卒業生来訪。京大入試不正の件

  今週に入っても何やかんやで忙しくしております。実験では、やる気のある学生さんと2次元電気泳動をやりはじめ、今日はその1次元目である等電点電気泳動の準備を。G社の2次元電気泳動システムを久しぶりに使うということで、マニュアルを学生さんと見ながらすすめております。面白い結果がでればいいのですが。
 
 昨日は、昨年の卒業生であるSさんが今働いている中高一貫校の理科担当の先生と一緒に来ました。彼女はそこで理科実験の助手として働いており、4月からは中学校のほうで理科を教えるとの事。この1年間現場で努力した結果でしょう。まだまだこれからがんばらねばと言っておりましたが、彼女なら大丈夫でしょう。この学校から講義や実験などお願いされることになるかもしれません。一緒に来られていた理科の主任の先生がかなり積極的に考えていたので今後の展開を待つことになりそうです。

 京大の入試不正の件は、東北に住む受験生である可能性が高くなったとのこと。携帯の履歴からいずれは分かるというのはご本人さんも認識していたのでしょか。結局のところこの人は何をしたかったのでしょう。こういうことでは捕まらないと思ったのか。世の中に対するアピールなのか。よく話を聞いてみたいものです。
 今回の件で、他の大学の入試体制も余計な負荷をかけれらているようです。うちの入試もまだありますがどのような体制で行うのか心配です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »