« 大地震。皆さん無事でありますように。 | トップページ | 長期化する避難生活。名古屋市議会選挙。出口調査 »

2011年3月13日 (日)

津波の映像で絶句。皆で支援を。原発も不安。

 今回の大地震は、特に大規模な津波によって多くの街が流されてしまいました。テレビで被災者が命からがらに撮影した映像が流れていましたが、その光景を見て声も出ませんでした。その場にいた被災者のお気持ちを考えると声も出ません。津波の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。
 犠牲者の数が今後どの程度ひろがるか分かりませんが、とにかくできるだけの支援をしていかなければなりません。我々も何ができるのか個人個人で考えていかねばならないです。とりあえず今日はネットを通して義援金を出しました。
明日からは、東京電力の地域は計画停電をするようで、それぞれ不便になることはあるでしょうが、被災者のことを思えばある程度皆さんで理解して受け入れていくしかないでしょう。
原子力発電所の炉心溶融の問題もあり、予断を許しませんが、とにかく全力を挙げてこれ以上のトラブルにならないようにがんばってもらいたいです。

|

« 大地震。皆さん無事でありますように。 | トップページ | 長期化する避難生活。名古屋市議会選挙。出口調査 »

コメント

松原先生へ
金曜日は取り乱してしまっておりました^^;

金曜日から仙台の友人に、何度も電話、携帯しましたが、全然繋がらないので、友人の会社の東京本社へ電話しました。日曜日の早朝だったのですが、女性の受付の方も居て、

「やっぱり、緊急対策組織とか、対応してるのだろうな」

と感心しました、が、そうでは無く、「本人の所属と名前」を言ったのですけど、

「少々、お待ちください」

と言われて、結構長い時間またされてしまいました。そして、その回答が、

「各個人の安否は確認できておりませんが、『社員全員無事』の連絡は入っています」

と言う、少々、心許ない回答(「対策部署くらい作れよ!」とか思いました)。まあ、それでも、一応は大丈夫だったんだ、と安心しました。ただ、家の方の奥さんの安否が気になっておりました。

でも、今日(日曜日)、奇跡的にと言うのか、携帯メールの返信が着信しまして、

「みんな無事です」

との事、本当に安心しましたが、本当は、これからなんですよね。それに、自分の友人だけの問題でも全くない(それに、今、個人に物資を送ろうとしても、宅急便も郵便局:郵パックも、受け付け中止。まあ、当然でしょうね。輸送ったって、陸路はがれきの山、道路は寸断でしょうから…)。

だから、わたしも明日にでも、誰に渡るのかは解らないですが「義援金」だけさせて貰おうと思っております。

今回の「震災」は、阪神淡路のケースとかなり異なるところがあって、よく解らない所も多々あります。まず、「津波被害」があったこと、と「原発」の問題ですね。

わたしは以前から、機会があるごとに「原発は、今の人類の手に負えるような代物ではない」と言ってきましたが、電気工学系技術者としては、と言うか技術者なら当然なのですけど、

「壊れない機械は存在しない」

です。そして、原子力の場合「壊れた時のリスク」が高すぎる。

CO2削減25%を打ち出した、日本としては(産業界の圧力もあって?)「原子炉倍増計画」を立てていたようですが、これで流れが変わることを祈っております。

日本の現在のCO2排出量は世界中のCO2排出量の僅か4%。25%削減しても、世界の1%削減にしかなりません。しかも、BRIC`s等の新興諸国が、ほんの少し経済発展を図れば、1%なんて、全くと言って意味がないです。そんな事をするくらいなら、粗鉄生産1単位あたり、アメリカは日本の倍、中国に至っては10倍と言われている。これらの国に「省エネ技術」を提供する(か、産業として輸出)する方が、余程、安全で効果も高いと思っています。

わたしは「神経インパルス」の研究をしましたが、実は、うちの教授は「高エネルギー物理」の教授で、核融合の研究をしていたのです。高エネルギー物理で「核融合」は「クリーンエネルギー」と言われていますが「小さな太陽」を作る訳で、当然、放射線とかは出るでしょう。太陽からの太陽風の事を考えれば解ると思いますけど。で、高エネルギー状態(これをプラズマ状態と言う)では、核融合状態は安定させるのが難しく、『キンク』と言う捻じれた波のような状態になったりします。で、面白い事に、この高エネルギーの「キンク」は非線形波動で、ここで、神経インパルスと言う、微少な電圧波動と通じる所があります。高エネルギーの核融合中に起こる「波動」と、生物の神経で伝播する「波動」はどちらも「非線形波動」なのです。

で、わたしは「原子炉」については研究した訳ではないですが、最低限位の知識はあるつもりです。原子炉の中は「危険」だらけです。確か炉の冷却には通常時、ナトリウムを使ってるはずですが、これが冷却配管にピンホールでも空けば、漏れ出す。当然「発火」です。冷却配管はSUSですが、幾ら良いSUSと言えども、溶接部分はリスクが高いし、時には錆びる(SUS溶接は非常に熟練した技術が必要です)。しかも、炉心を冷やして居る訳ですから、当然「放射線汚染」されてる。まあ、これくらいの事しか知りませんが、この程度の「知識」でも、それに「新聞報道」などを重ねて読めば、その「危険性」は概ねですが想像がつきます。

報道に出てくる「専門家」の人たちは、「パニック」を恐れてか「御用学者」なのか…と思ってしまいます。

投稿: Kouryuu | 2011年3月14日 (月) 00時47分

Kouryuuさん

知り合いの方が無事で良かったですね。ただ、今回の大地震では、街ごと壊滅して多くの犠牲者が出て、おそらく何万人という単位になるかもしれないことを思うといたたまれない気持ちで一杯です。まだまだ復興までは時間がかかりそうです。
原発の問題はかなり深刻ではないかと思います。確かにテレビに出てくる専門家の方は御用学者が多いのかもしれませんね。外国人の専門家によっては原発の周辺からは直ちに逃げたほうが良い、場合によっては関東から脱出したほうが良いよ言う人もいるようなので、それくらいクリティカルな問題だということなのでしょう。今後、この原発もどうなるのか分かりませんがレベル5,6の危険な状況にはならないことを願います。

投稿: Mamoru Matsubara | 2011年3月15日 (火) 00時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波の映像で絶句。皆で支援を。原発も不安。:

« 大地震。皆さん無事でありますように。 | トップページ | 長期化する避難生活。名古屋市議会選挙。出口調査 »