« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

実習ももうすぐ終了。橋本さん圧勝。

 実習も実験自体は終了し、あとは後片付けと発表会の4日間になりました。学生さんは春から実習をやっているので実験のコツも分かり、また全体的に要領も良くなり思った以上にうまくいったようです。レポートや発表会の出来も楽しみです。
 週末は大学の行事(合格者懇談会)があったので名古屋に帰らず京都にいました。今週末の京都は紅葉シーズンで各地混んでいたようです。友人らも京都に来ていたようです。お昼ごろに友人から「近くの駅に来ているんだけど・・」と電話がありましたが、さすがに抜け出すことが出来ず観光に付き合うことができず残念でした。またの機会を楽しみにしています。

 大阪のダブル選挙は橋本さんサイドが圧勝でした。やはり既存政党に期待するよりも多少独裁的でも何かをやってくれる橋本さんに大阪の人達が期待したのでしょう。既存政党の議員、特に国会議員には猛省してもらいたいです。この数年で大阪が劇的に変われば日本全体にも波及して面白いことになるのではと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

水俣から学び福島につなげる心

 今日は祝日でしたが、朝から昼まで卒論生と実験をしていました。講義がない分マンツーマンで実験できたのではかどりました。
 午後からは、うちの大学が他の3大学と行なっている環境教育の戦略的連携事業のシンポジウムがありました。水俣病の研究で大変著名な原田正純先生に特別講演をしていただき、休みにもかかわらず遠方からも一般市民の方が来られ、非常に盛り上がった素晴らしいシンポジウムになりました。演題は「水俣から学び福島につなげる心」というもので、半世紀以上前に起きた水俣病で学んだ環境問題をあらためて認識すると共に、今回起きた福島の原発事故についてどのように考え、解決のためにどのように行動していかねばならないのか、特に環境教育との関わりの中で大学ができることは何であろうかについても考えさせられました。
今日の話で初めて知ったこととして、未だに水俣病として認定されていない人がかなりおり、その方たちは例えば自閉症のような症状や脳の機能の低下からか立体的な図がうまくか書けなかったりするようです。明らかにその方たちは子供の頃に水俣病の影響を受けており、これまで通常の生活ができているので見過ごされているわけですが、厳密には水俣病の認定を受けてしかるべき人たちなのです。従って水俣病自体は未だに解決されているわけではなくまだまだ問題が山積みという印象を持ちました。同じように福島の原発の問題は水俣病以上に深刻です。質問されていた市民の方々も放射能の問題、特に子供たちへの低レベルの放射線の影響について不安がっておりました。実際には、どの程度の影響があるのかは分からないことも多く、それがまた不安を増大させています。我々環境教育を行う大学側のミッションとしては、シンポジウムのあとのパネル討論会である先生が言っていたように、分からないことに関しては自ら調べ、それを市民に正確に発信できるマインドを持った人材を育てなければならないということになるでしょう。今回原田先生がわざわざ京都に来ていただき話してくれた水俣の教訓からしっかりと学び、福島の原発問題をはじめ様々な環境問題について解決していかねばなりません。学生さんもたくさん来ていたので、彼らの心にもしっかりと伝わったのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

実習でのミス。インフォームドコンセント。日本シリーズは最終決戦へ。

 3週間ぶりに名古屋に戻りました。
 昨日の実習は、試薬の調製ミスから完全に実験が成り立たなくなってしまい、月曜日に最初からやり直すことになりました。調製する試薬が多く、実験スタッフの方にとってはこれまでミスなくやっていただいたのが不思議なくらいなので仕方がないところでしょう。こちらのチェック機構が入っていれば問題なかったのでしょうが、そのあたりこちらにも反省点はあるでしょう。来週はうまくいくでしょう。

 今日は午前中大学病院へ。父親が前立腺がんということで家族立会いのもとでのインフォームドコンセントを受けました。今後の治療法の選択などセカンドオピニオンも含めて考えていかねばならないです。本人はいたって元気で90歳まで(現在76歳)生きると言っていたので何よりです。ポジティブな気持ちでがんをやっつけてしまうでしょう。こちらも少し関連情報を仕入れなければなりません。

 日本シリーズはドラゴンズが勝ち3勝3敗のタイに。明日がいよいよ勝負です。どちらにしろ落合監督の最終試合になります。集大成の試合に是非勝ってもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

ドラゴンズ3連敗。実習は後半戦。

 今週も実習、講義で忙しくしており、夜の日本シリーズもテレビでは見ることができず、仕事をしながらネットで経過をチェックするしかありませんでした。結局、ドラゴンズは名古屋ドームで3連敗してしまったので、見ないほうが良かったのかもしれません。生中継で見ていたら相当なストレスが溜まっていたでしょう。明後日からの福岡ドームでは開き直ってもらうしかないです。

 実習もいよいよ後半戦。オワンクラゲの緑色蛍光タンパク質のDNAシークエンシングや大腸菌での発現に入ります。少し疲れ気味ではありますが、あと2週間がんばるしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

ドラゴンズ2連勝!

  今日は入試業務で大学に。11月に入って名古屋にはまだ1回も帰っていません。毎年この時期は忙しいので仕方がないです。

 昨日から始まった日本シリーズでドラゴンズが2連勝。昨日も今日も7回と10回に1点を入れていずれも2:1のスコアーです。ソフトバンクホークスとしてはあれーという感じではないでしょうか。ドラゴンズは昨年の日本シリーズからこんな調子の試合なので選手は打てなくてもなんとかなると思っているのでしょう。この調子で4連勝といきたいところです。日本シリーズをテレビで見ていると何も仕事ができないのでとにかく早く決めて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

実習疲れ。ジャイアンツの内紛。

 実習が始まり今日で7回目。連日13時半から18時近くまで立ち続けているので肉体的にかなり疲れています。そのせいか夜は3日間連続でうたた寝をしてしまい、起きると午前3時ということもあります。そのせいもあってこのブログも書きそびれてしまっています。この週末は疲れをとらなければと思っているのですが、入試業務などもありゆっくりできそうにありません。来週までお預けです。
 少し疲れた顔をしているのか、実習中、何人かの学生さんにも「先生、疲れていますね。大丈夫ですか」と声をかけられてしまい少し反省しています。疲れた顔をせず元気で指導しなければいけない立場なのですが・・。
 実習自体は、新しい実験補助スタッフの方のがんばりもありうまくまわっていますし、学生さんも専門実験にかなり慣れてきているのか、実験の失敗も思ったより少なく今のところ順調です。後半戦もこの調子でいってくれるでしょう。

 ジャイアンツの清武球団代表が、球団を私物化している渡辺恒雄会長に痛烈な批判をしまいた。個人的にはよくぞ言ってくれたと思います。渡辺会長の球団を私物化している態度が嫌で自分も子供の頃好きだったジャイアンツファンを辞めたぐらいですから、今回の清武さんの行動は応援してしまいます。今回の事件を機に、渡辺会長には即刻ご退場願いたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

嬉しい再会。ドラゴンズ日本シリーズ進出。

 金曜日にうれしいことがありました。1期生の卒業生であるHさんが突然現れて今の状況を報告してくれました。卒業後どうしているか非常に気にかかっていたので今回顔を見ることが出来て良かったです。卒業の際は、ネールアーチストを目指しているので専門学校に入るために半年はバイトしてお金を貯めると言っていましたが、今回聞いたところによると進路を変更して、実家のお寺を継ぐための勉強をするためにお坊さんの専門学校に通っているとのことでした。近々住職になる試験も受けるとのことです。この夏も実家のお寺でおつとめをたくさんこなしたようです。大学のときもそうでしたがいわゆるギャル系で今回も彼女らしくきっちりメイクして金髪で一見して彼女だと分かりました。「そのかっこうでお経でも読むの?」と聞いたところ、さすがにそうではなくてお寺でおつとめをするときは髪を黒くしてお坊さんのかっこうしてお経を読むようです。4回生のときもそうでしたがこちらをハラハラさせるようですがやることはしっかりとやってくれるので、彼女のそういうギャップがなんとも言えず好きです。こうやって訪ねて来て元気な姿を見せてくれたので大感激でした。自分の進むべき道を見つけたようだったので応援していきたいです。

 中日ドラゴンズがクライマックスシリーズに勝利し、2年連続で日本シリーズ進出です。昨年はロッテに負けたので、今度こそはソフトバンクに勝って日本一といきたいところです。落合監督もこれで最後なので日本一になって辞めたというオレ流のオチを最後の最後でつけてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

実習が始まる。いろんな問題。

 今週から3回生の専門実験が始まりました。春学期の生化学実験についで今回は遺伝子化学実験と名前は違いますが、同じ教員が担当することもあり、学生さんのほうは実習の要領がかなり分かっている感じです。月曜日、火曜日の実験も比較的うまくいきさい先がいいです。
 一方で、我々の研究室は1年に2回も専門実験を担当しており、かなりの負担であるので、来年からの新カリキュラムではようやく分子生物学実験に統合されて1年に1回ということになりました。そういう意味では今回が最後の遺伝子化学実験になりますので、それなりに気合を入れて学生さんを指導しようかと思っています。
来年度からは負担が半分になるので卒論生の面倒をかなり見ることができそうです。来年、研究室に来るメンバーも決まったので楽しみです。

 今日は祝日といっても週の中日だったのでいつもどおり大学に。誰もいない分、自分のペースで講義準備や実習準備、その他諸々のことができました。1週間が経つのが本当に早いので、今日のような休日はかなり貴重です。

世界ではギリシャの問題や国内ではTPPの問題など経済に関わる大きな問題が懸念されています。こういうのもその時の政治家の判断で決まってしまうわけで、国民のことをよく考えて最終的には決めてもらいたいものです。この1,2週間の判断で国内外の情勢がかなり変わってくるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »