« 卒論生全員の発表を聞くことの大切さ | トップページ | 出張講義。重要な判決。 »

2012年2月18日 (土)

1期生が修士号を

 朝起きたら雪が5cmほど積もっていてびっくり。今日は大学で合格者懇談会があったので車で行くか電車で行くか迷いましたが、道路の雪が少なくなっていたのでノーマルタイヤながらも慎重に運転してなんとか大学にたどり着きました。
 合格者懇談会では、1期生のO君とK君が卒業生という立場で合格者の生徒さんらに話をしに呼ばれていました。彼らは、うちの研究室出身ということもあり、久しぶりに会うことができうれしかったです。この1年は修論を書くための実験でかなり忙しかったようです。O君は16日に大阪大学で修論の発表会があり無事に修士号をとったということで安心しました。K君は23日に発表会を控えているのにもかかわらず母校のために来てくれて感謝です。このように1期生も修士号をとる時期になったということで感慨深いものがあります。今日の話しぶりもかなりしっかりしており、彼らの成長ぶりも見ることができ本当にいい一日でした。

|

« 卒論生全員の発表を聞くことの大切さ | トップページ | 出張講義。重要な判決。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1期生が修士号を:

« 卒論生全員の発表を聞くことの大切さ | トップページ | 出張講義。重要な判決。 »