« GW終了。冷蔵庫が・・・。 | トップページ | 研究打ち合わせ。アポ無し訪問。卒業生とバッタリ。 »

2012年5月11日 (金)

GW後の1週間。八百一の郷を見て。

GW後の1週間忙しく過ごしていたので週末は疲れ気味です。
4回生の学生さんは今日は卒論の目的や実験計画について発表してもらいました。テーマが決まって約1ヶ月、自分なりにテーマについて調べ、テーマの背景や新しいことを解明するにはどのような実験をすればいいのかを考えてもらいました。まだまだ理解不足のところはありますが、来年2月の発表会の時にはかなりの力がついていることでしょう。楽しみです。

 昨日は午後から株式会社セントラルフルーツの農場、八百一の郷に行ってきました。農業生産法人として黒字を出しているということもあり、様々な野菜や果物を作っていました。9ヘクタールの敷地があり、大規模なハウスもあって、そこではトマトやイチゴなど栽培されていました。ここれ採られた野菜や果物は「京都 八百一」というブランド名で多くの百貨店で売られており利益率もいいようです。生産者にとって確実に売れる場所があるというのはすばらしい仕組みで、八百一さんはそのあたり上手にやっています。説明してくださった常務さんの言葉で印象的だったのが、これからの農業は優秀な人がやるべき職業だと言っていました。気象データーや毎日の畑の状態、野菜などの状況をデーターベース化し、これらのデーターから瞬時に次に何をやるのかを判断していく。またマーケティングや経営なども頭を使います。総合力のいる職業としての農業というものはインテリジェントな人がやるべきものであるということです。おそらくそういう方向になっていくのでしょう。だとするとそういう人材をいかに育てていくのかがこれからの勝負になるのでしょう。
うちの大学の卒業生も楽しそうに働いていました。彼女もそういう未来を夢見てこの場所を選んだということで先見の明があります。

|

« GW終了。冷蔵庫が・・・。 | トップページ | 研究打ち合わせ。アポ無し訪問。卒業生とバッタリ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GW後の1週間。八百一の郷を見て。:

« GW終了。冷蔵庫が・・・。 | トップページ | 研究打ち合わせ。アポ無し訪問。卒業生とバッタリ。 »