« 桑田さんライブ in 福井 | トップページ | 日本語検定の勉強。研究室アンケート。 »

2012年10月 8日 (月)

ノーベル医学生理学賞は山中先生。

 ノーベル賞weekが始まったと思ったら、いきなり医学生理学賞受賞者に京大の山中伸弥先生が選ばれました。いつかは受賞するだろうとは思っておりましたが、発見から6年後の受賞ということで通常の発見よりも偉大であることと、今後の医療への応用への期待を込めたというのもあるのでしょう。あのキャリーマリスのPCRの受賞が発見から10年ということで相当早い受賞というイメージがありましたが、それよりも更に早い受賞で凄いの一言です。
同時受賞に、イギリス、ケンブリッジ大学のガードン博士がとったいうのも意味があります。アフリカツメガエルで核を抜いた卵に、成体の核を移植してクローンを作り出したという今回の受賞のキーワードであるリプログラミングメカニズムの先陣を切ったというのも大きな意味があります。山中先生のiPS細胞の誕生がある意味ガードン博士の初期の研究にも光を当てたということで非常に面白いです。
今回の日本人のノーベル賞受賞は、細胞のみならず生命の面白さを子供たちをはじめ一般の方々に伝える絶好の機会にもなるでしょう。今週の細胞生物学の講義でも早速話題にできるし、毎年iPS細胞をはじめ細胞の再生の話をするので例年以上に力が入ります。

|

« 桑田さんライブ in 福井 | トップページ | 日本語検定の勉強。研究室アンケート。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル医学生理学賞は山中先生。:

« 桑田さんライブ in 福井 | トップページ | 日本語検定の勉強。研究室アンケート。 »