« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

2013年大晦日

2013年の大晦日。今年もこの日がやって来ました。

今年はこのブログの投稿回数もめっきり減ってしまい、自分にとってのブログの存在意義もわからなくなっているというのが本音です。
SNS、特にFacebookやTwitterなどでコメントしたりすることが多いので、ついついこのブログで書くということをしなくなっています。
でも、長年やってきているので完全に廃止するのではなくて、気が向いたときに書こうかな~と思っています。

さて、今年の総括としては、まずは娘が志望高校に合格しなんとか楽しく高校生活を送っているというのが親としても一番の安心していることです。経験のないハンドボール部に入りいろいろと悩みもあったようですが、今は仲間にも恵まれて充実しているようです。勉強の方も本人なりには頑張って成果も出しているようです。親から見ればまだまだ要望もありますが、最初の学年としてはこんなところでしょう。来年からは自分の将来も見据えていろんな知識を得てもらいたいと願っています。

 個人的には年男で、健康的にも微妙になってくる年ですが、なんとか健康で1年を乗り切ることができました。多少老眼もひどくなり細かい実験作業が微妙な具合にはなってきているのが悲しいですが・・
大学の立場的には、4月に教授に昇進し仕事量が半端ではなかったですが、自分なりに一つ一つの仕事を確実にこなせたのではと思います。
来年も教育、研究や学部運営をしっかりと行い、一つ一つしっかりと成果を出していきたいと思っています。
 2013年も本当にお世話になりました。来る2014年も皆さんにとって素晴らしい年となりますように。有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

2013年もあと1ヶ月

今日から12月。今年もあと1ヶ月。今年もあっという間です。
3回生の学生さんは今日が就活の解禁日で、合同企業説明会など各地であったようです。

このブログ自体は1ヶ月ぶりの投稿です。ほんとこの秋から冬にかけて忙しすぎて毎日クタクタです。
今日も日曜日でしたが、大学で合格者懇談会があり、教務主事の仕事として合格者の皆様に学部の教学と修学について30分ほどプレゼンしました。在校生や卒業生なども紹介してうちの学部に対してのイメージをつけていただきました。
その後、個人個人とお話してこの学部についてしっかりと理解してもらうよう心掛けました。合格者の生徒さんもいい感じの子が多く期待できます。

昨日は、東京に日帰りで行きました。ちょうど1年前にお亡くなりになられた千谷晃一先生を偲ぶ会が学士会館で行われ、たくさんの先生の同僚あるいは我々のような門下生など集まり亡き先生を偲びました。私にとってはちょうど大学院で博士を取ったあとに学術振興会のPDとして先生のラボに行き、そこで助手として採用され約6年間ほど先生の薫陶を受けました。アメリカのビッグラボを率いていただけありその間はまるで海外に留学しているような感じで、私にとっても一番成果が出た時期でもありました。非常にいい経験をさせていただいたと思います。この経験が今になってもいきています。
久しぶりに当時のスタッフの方ともお会いすることができ、いろんな懐かしい話とともに最近の様子なども聞くことができためになりました。
会場になった学士会館は初めて行ったのですが、非常に伝統ある建物で気に入りました。
今年一番ヒットしたドラマである「半沢直樹」の撮影場所にもなったということで、そのことを説明する掲示もありました。

火曜日からは神戸で分子生物学会があります。ポスター発表もするし、様々な研究者の方と懇親会もあるので楽しみです。既に4日間の夜の予定は全て埋まってしまいました。飲み過ぎないように注意しなければ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »