« 台風で休講 | トップページ | ノーベル平和賞の一人はマララさん »

2014年10月 7日 (火)

ノーベル物理学賞は青色発光ダイオード

昨日から始まったノーベル賞週間。昨日、今日とLIVEで発表の瞬間をみてました。
昨日のノーベル生理医学賞は、全く聞きもしなかった研究者で、内容も今一つ専門外の分野でしたが、あとから勉強するにつれ脳の中にあるGPSの役割のようなPlace cellとGrid cellの内容だったということでとても興味深い研究に与えられたのだと思いました。
日本科学未来館の科学コミュニケーターブログの説明が受賞内容を分かりやすくまとめています。

そして今日の物理学賞ではLiveで聞いていて聞き覚えのある日本人の名前が・・。すぐに青色発光ダイオードの3人の日本人だと分かりました。
こんなにLEDが普及したことを考えると、まさにノーベル賞にふさわしい研究成果に与えられたと思います。
特に中村修二先生の青色発光ダイオードの発見秘話は、ご本人の様々な本で読みました。とても意欲的な方で、自分の発明の対価を認めてもらいたいという訴訟はもちろんのこと、日本で研究を捨ててアメリカで自分の生き方でやられているのは非常に感じるものがあります。アメリカ国籍をとっていたとはびっくりですが、中村先生の日本へのメッセージの一つなのかもしれません。

日本の大学入試についてはウルトラクイズみたいなものだと痛烈に批判されています。また研究者が自分の研究内容を特許化してそれに見合った報酬をもらって何が悪いという考え方は、ある意味ベンチャー精神そのものであり、言っていることは至極まともです。
これからのマスコミ取材でどのようなことを言われるのかとても楽しみです。

今日は、一方で、小保方さんの博士論文の取り消し(一年の猶予はあるようですが)の記者会見が早稲田大学で行われたようですが、完全にノーベル賞受賞のニュースで吹っ飛んでしまいました。早稲田大学にとっては良かったのかもしれません。

|

« 台風で休講 | トップページ | ノーベル平和賞の一人はマララさん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル物理学賞は青色発光ダイオード:

« 台風で休講 | トップページ | ノーベル平和賞の一人はマララさん »