« 年越しライブ当選 | トップページ | 科捜研の女に研究室がバッチリ »

2014年12月 7日 (日)

15周年記念シンポジウムと懇親会

 2000年~2002年に在籍していた理化学研究所播磨研究所、メンブランダイナミックス研究チームの15周年記念シンポジウムと懇親会が昨日名古屋で開かれました。
 この研究チームのグループリーダで現在名古屋大学理学部の前田先生やチームリーダーをされていた現在名古屋大学の藤吉先生、京都大学の加藤先生らの他に、在籍していたメンバーがたくさん集まりました。
 シンポジウムでは前田先生がこの研究チームが発足したいきさつなどが話されました。発足された時には知らなかったことも今回細かく話されて、この研究チームの意義について改めて感じることができました。
 藤吉先生、加藤先生の特別講演もあり、その後で自分や在籍していたメンバー2人の現在の研究内容についても発表がありました。特別講演をはじめ、研究レベルが格段に高かったので、自分の発表レベルがみすぼらしい感じでしたが、おおいに刺激になったということでいい経験でした。それにしてもNatureやScienceレベルの仕事をたくさんしているメンバーがいるということであの時のチームのレベルの高さを感じました。
 生命現象の未解明の部分について様々な手法を用いてこじ開けようとしており、基礎研究の深さを身に染みました。そしてその基礎研究が創薬などの応用研究にも繋がっていくのだというスキームもしっかりと認識しているところも大切です。

 懇親会では、当時の多くのメンバーと話すことができました。あの時以来会うメンバもいたり、メンバー同士結婚して家庭をもち、子供さんも一緒に連れて来てたりと実に15年の歴史を感じました。
 皆さんそれぞれの分野で素晴らしい仕事をしており、これまた刺激を受けました。

たまにはこういう昔の職場の集まりもいいな~と感じました。

|

« 年越しライブ当選 | トップページ | 科捜研の女に研究室がバッチリ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15周年記念シンポジウムと懇親会:

« 年越しライブ当選 | トップページ | 科捜研の女に研究室がバッチリ »