« 機能性表示食品の問題 | トップページ | アカデミック・ライティング 鹿カツカレー »

2015年4月23日 (木)

ブラックバイトの問題

昨日の朝日新聞朝刊に学生のブラックバイトの問題について記事になっていた。
アルバイトであるにもかかわらず、長く働かせられたり、ノルマを課されたりなどされ、非常に立場の悪い状況に陥っている。学生の労働条件に関する知識不足も問題であるということで、最近の各方面の取り組みについても紹介されていた。
大学での取り組みに関しては、法政大学の上西先生が新入生向けにブラックバイト対策の文書を作っており、それをこの4月に配っていたようだ。この文書がWebに取り上げられていて、それをこちらがTwitterで話題にした関係で、この記事を書いた朝日新聞の記者さんから大学生のバイトの現状を聞かれた。実際自分の話は記事にはされなかったが、似たような話が記事にされていた。記者さんからはせっかく取材さえていただいたのにすいませんというメールがきていたが、こちらとしては協力できただけでも有難い。
この関係で、実際にうちの学部でもこの文書を学生に見てもらうように先生方にお願いした。特に新入生にはスタートアップゼミで文書を配布してもらうようにしたのでかなりの意味があったように思う。

昨年の卒論生でも数カ月ほどバイトの給料を滞納されたりしたことがあったようなので、案外身近にブラックバイトで苦しんでいる学生もいる。
学生の立場だとどうしても条件のいいバイトが探せない場合に、ブラックバイトに踏み入れてしまうこともあり、一旦やりだすとお金のことがあるのでなかなか辞めることもできない。悪循環である。さらにひどい場合は学業にも影響が出てくる。
そういう意味でも今回の朝日新聞の記事はいいところに眼を向けたものといえよう。

|

« 機能性表示食品の問題 | トップページ | アカデミック・ライティング 鹿カツカレー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラックバイトの問題:

« 機能性表示食品の問題 | トップページ | アカデミック・ライティング 鹿カツカレー »