« 週末は名古屋で諸々の用事 | トップページ | 夏の教職員懇親会 »

2015年8月25日 (火)

教育の価値に直結する情報による大学選び

NPO法人NEWVERY理事長の山本さんのブログを久しぶりにみたらいいことが書いてあった。これからは教育の価値に直結する情報による大学選びが重要になるとのこと。
読売新聞が毎年出している「大学の実力」もWeb版がリリースされ、ネット上で大学間の様々な情報を比較できる。大学側にとってはいかにいい教育をしているかが鍵となる。

ブログの後半には、「もう広報予算(広報活動への教員の動員を含む)は上手に削って、教育力の充実に経営資源を使いましょう!」

「偏差値/知名度/広報力ではなく、教育力/教育成果に係る定量・定性情報を高校進路指導にどんどん活用して、教育熱心な大学を応援していきましょう!マーケット(顧客)が変われば、サプライヤー(大学)は変わります」

「学生募集にお金がかかり過ぎているんです。イメージ重視の広告宣伝活動が無意味になれば、結果として学生募集予算を減らすことは可能です。」と。

まさにそのとおり。

ここのところうちの大学ではこれに逆行する流れがあり、在学生も教職員も懸念している。特に学生さんと話していると、うちの大学の広報や入試を仕切っている方々がもっと変わらないといけないということを学生さんらが一番分かっているんだなと思う。学生さんのほうが良く理解しているようだ。

|

« 週末は名古屋で諸々の用事 | トップページ | 夏の教職員懇親会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育の価値に直結する情報による大学選び:

« 週末は名古屋で諸々の用事 | トップページ | 夏の教職員懇親会 »