« 丹波の松茸 | トップページ | フードファディズムについて »

2015年10月 6日 (火)

ノーベル賞週間

今年もやってきましたノーベル賞週間。
一昨日の医学生理学賞は、北里大学特別栄誉教授の大村智先生が抗寄生虫薬のイベルメクチンの開発ということで選出された。この薬によって熱帯地方の多くの感染症の撲滅に貢献したわけで、そのイベルメクチンは微生物から探索したということでまさに天然物化学の成果である。そして農芸化学の分野ということで大いに勇気づけられる受賞である。
この薬のライセンス契約で250億近くの資金を得て、北里研究所など再建したり、地元韮崎に美術館や温泉を作ったりとこれまた多くの人々のために多大な貢献をされているのも凄い。まさにバイオ分野の理想とする姿である。
大村先生の所属する北里研究所が、以前いた会社とマラリア治療薬を開発しているのも何かの縁である。また、よく研究で使用しているプロテインキナーゼ阻害であるスタウロスポリンも発見したということで驚いた。

昨日の物理学賞は東大の梶田先生がニュートリノの実験で受賞された。この実験にはなんと高校の1年上のテニス部の先輩が関わっており、通常はあまり興味を示さない物理学賞の発表なのであるが、今回はとても身近な分野に感じてしまった。
今日の新聞に先輩の記事もあったので驚いた。
Gegege

最近では日本人の受賞が多くなったノーベル賞でもあるので、このノーベル賞週間は少しわくわくした気持ちになる。
また、あらためて基礎研究の素晴らしさを感じるのである。

|

« 丹波の松茸 | トップページ | フードファディズムについて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞週間:

« 丹波の松茸 | トップページ | フードファディズムについて »